バレーボールを楽しもう

cialis viagra online without prescription accutanecialis viagra online without prescription accutane viagra online cialis viagra online

Categories

  • カテゴリーなし

バレーボールというスポーツは国技とまでは言われていませんが、日本にこれ以上はないくらい浸透されています。なぜならば、体育の授業では必ずと言っていいほど、取り入れている球技の一つでもあり、さらにバレーボールというスポーツを堀深めていくと実にいくつものの種類があるからです。
まずはよくテレビにて中継される、オリンピック競技の一つでもあるバレーボールは6人制競技です。ネットの高さが女子では2m25cmと、一般バレーボールの類に入ります。
これが高校、中学、小学となるとネットの高さやボールの大きさも変わってきますが、コートの広さは変わりません。
この6人制の他に、9人制、ソフトバレーボール、2組でビーチで戦うビーチバレー、さらには足を使わないで上半身だけで戦うシッティングバレーと色々あります。
このうち9人制バレーボールは前衛3人、中衛3人、後衛3人と合計9人で試合をするのですが、ルールやコートの広さなども6人制とは異なります。しかし、6人制のように一人ひとりにかかる運動量の負担が軽減されるかつ、スパイク等のネットを挟んだ攻撃ができなくても後衛でレシーブとして守ることができたりとそれぞれのポジションが広くあるため、多くの人に親しまれているバレーボールの種類の1つでもあります。
この9人制については今や、公式の大会が開催されるくらい日本の全国に多くの9人制のチームが存在していますが、意外なことに知られていないことはこの9人制は日本が発祥地だということなのです。いわば日本独自のものともいえます。実は、6人制の発祥地のアメリカで6人制が広まって、世界では6人制が普及されていったのですがその間、日本では16人で1チームとして行われていたのが時代の流れとともに9人制となってきたのです。
しかし、国際連盟では6人制で国際ルールを作ったため、日本でも9人制から6人制へと普及されていったのです。しかし、9人制を要望する人も多かったため、今に至るということです。これほど日本の多くの国民に愉しまれている競技はないでしょう。